にほんブログ村

  • 「そうそう」、「へ~」と思ったら下のバナーをクリックしてね(*^v^*)



  • 人気の中国情報ブログはこちらから(^^♪

深センの天気

  • 夏は湿度&日差しでかなり暑いです…(-_-;)

びっくりチャイナ(上海)

  • 深センとちょっと違うところもありますが…(^_^;ゞ

« 「中国で頑張る日系食品をご紹介~(その2) 」をUPしました。 | トップページ | 「中国の10月の風物詩…かな?」をUPしてました。 »

2015年10月18日 (日)

「大劇院に「Itari-An」復活!と深センの西洋食 」をUPしてました。

日本人は、本当にいろんな国の料理を食べると思います。

中華料理は既に家庭料理にもなっていますし、
(炒め物は、もともと和食にはない)
アメリカのハンバーグもイタリアのスパゲッティも
当たり前のように食べますよね。


一方、中国人にとって「中華料理」は1つのジャンルではなく、
地方によってまったく別のものと考えられており、
(広東料理・四川料理・湖南料理・東北料理などなど、
 細かい分類がされています)
そこに同じアジアの「韓国料理」や「日本料理」が入っても、
西洋料理は「西餐」として、ひとくくり。

上海など、中国の都市部で外国人が多いところでは、
外国人向けに作られたレストランが多くありますが、
どうしてもお値段も高くなりますし、中国人が外国の料理
(特に西洋食)を気軽に食べるようになるには、
まだまだ…でしょうか。

※マクドナルドやケンタッキーなど、ファストフードは除いて。


中国でスパゲッティを食べると、日本人は100%
必ずツッコむことがあるんですよ!

という話も書いたので、ぜひクリックして見に来てください~。ヽ(・∀・)ノ


「笑う!中国(深セン)生活」
http://ameblo.jp/hedgehogsroom/entry-12082239433.html

« 「中国で頑張る日系食品をご紹介~(その2) 」をUPしました。 | トップページ | 「中国の10月の風物詩…かな?」をUPしてました。 »

中国生活~料理・食事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1919649/62108060

この記事へのトラックバック一覧です: 「大劇院に「Itari-An」復活!と深センの西洋食 」をUPしてました。:

« 「中国で頑張る日系食品をご紹介~(その2) 」をUPしました。 | トップページ | 「中国の10月の風物詩…かな?」をUPしてました。 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ