にほんブログ村

  • 「そうそう」、「へ~」と思ったら下のバナーをクリックしてね(*^v^*)



  • 人気の中国情報ブログはこちらから(^^♪

深センの天気

  • 夏は湿度&日差しでかなり暑いです…(-_-;)

びっくりチャイナ(上海)

  • 深センとちょっと違うところもありますが…(^_^;ゞ

« 深センの6月の気温と北向きの部屋 | トップページ | 洒落たスイカ~中国のモノの値段と品質 »

2014年7月 7日 (月)

広州花園酒店~おまけのパン屋さん(追記あり)

Photo_4

先日パスポートの更新(受け取り)のため、
広州領事館まで行ってきました。


在中国日本大使館は北京にありますが、
中国は広くて北京まで行くのが大変な人も多いので、(^_^;)

他の地域に総領事館が7つあります。

参考:「在中国日本大使館」
http://www.cn.emb-japan.go.jp/aboutus_j.htm


深センのある広東省を管轄しているのは、
在広州総領事館です。(広州は広東省の省都)

ちなみに香港にも総領事館があります。
(管轄は、香港とマカオの特別行政区)


深センから広州中心地まで約100Km、
同じく香港中心地までは約25Km。

でも広州まで行かなければならない…。(;_;)

----------------------------- 2014.0903追記
華南地域の日本人居住者は
香港の総領事館で、パスポートの更新が
できるらしい…。ガ-(゜Д゜;)-ン!

私は未確認ですが、必要な方は
在香港日本国総領事館のHPで確認
してみてください。(-.-;)

-----------------------------

深センと香港の間には、深くて遠い川が
あるのよね~。(; ̄_ ̄)=3


※実際の国境線境界線は、海(湾)と川と地続きからなり、
 境界の周辺は立ち入り禁止区域になっています。


広州領事館は、広州の老舗高級ホテル
「花園酒店(ガーデンホテル)」の中にあります。


-------------------最近多すぎる余談
(単に私が知りたくて調べたこと)

簡体語表記だと「花园酒店(Hua1yuan2 Jiu3dian4)」。


昔、中国でホテルは「飯店」だと教わったことが
あるのですが、(台湾もそうかな)

どうやら地域によって「飯店」か「酒店」か、
またその規模や豪華さなどのニュアンスも違うようです。


「花园饭点(fan4dian4)」とすると、上海にある
オークラガーデンホテルを指すそう。

へー。('◇')ゞ
-------------------余談おわり


この広州のガーデンホテルは、

マンガ『中国嫁日記』のジンサンと月ちゃんが
初めてのデートをしたところだそう。(*^v^*)


日本人のジンサンがロビーで
「なんじゃこりゃあああああ!」と叫ぶのがこれ。
Σ(;・∀・)

中国嫁日記(2013年10月15日)の記事

広いフロントの後ろの、大きな黒地に金ピカな
彫刻絵。

このコントラスト、なかなかのインパクトですよね。


そして折しもブラジルワールドカップが開催中。

たぶんいつもは季節の花が飾られるであろう
ロビー中央の台の上には、

Photo_2


巨大なサッカーボール。 Σ(゚Д゚≡゚Д゚)でかっ!
(足元にあるのが、通常のサッカーボール)


国の面積がでかいと、やることもでかい?!
このセンス、なかなか日本人には真似できませんね。
( ̄▽ ̄;)


2時間高速をぶっとばして来た総領事館も、
用事は30分で済み、

ホテル内の高級ブランド店にも用事はなく、
また2時間かけて帰ることに…。(-.-;)


車窓から垣間見えた、初・広州は、深センと違って
古いものと新しいものとが混在していて、

趣のある洋風建築など、歴史を感じさせるものも
ありました。(香港に近い感じ?!)


深センは新しい街で若者ばかりですが、
広州は年配者も多くて少し落ち着いてる雰囲気。

ちょっとゴチャゴチャとして汚いところがあるのも、
中国らしくて良いかと。(笑)


でも、パスポートを落としたりしなければ、
もう来ることも…ない…かな…。σ(^◇^;)


------------------------------

といいつつ、せっかくだから(?)と
ロビーのカフェでパンを買いました。(^u^)

花園酒店は、中国で3軒しかない「プラチナ5つ星」の
ホテルだそうで、(*_*)

ロビーも欧米人からインド人や西アジア(らしき)人など、
多くの外国人でにぎわっていました。


そんなホテルのパンなら、おいしいに違いない!?
いや、少しは美味しくあって欲しい…、

と期待を込めてパンを2つ購入。


※中国のパンは、誰もがいう通りマズイです。
 パンに向いた小麦でないから、が主な理由。


Photo_3

大きめのフォカッチャ(写真は4等分した2個分)と、
何故か三角形のツナパン(2等分している)で

30元(約480円)。


いつも深センで買うときは、2つで20元弱なので、
大きいとはいえ、ちょっと高めかな。(~Q~)


パラフィン紙のような袋に1つずつ入れて
持ち帰ったのですが、

翌朝には紙袋が透けるほど油が染み出して
いました。(゜ロ゜)


※深センのパンもそうなのですが、
 パサパサでおいしくないパンをどうにかしようと
 油を練りこんだり塗ったりしているよう。


フォカッチャのトマトとオリーブは、
まあおいしかったけど、パンはやっぱり…。(=_=)


2時間かけて持ち帰るほどではないかな、
という結論でした。残念。(-_-;)

« 深センの6月の気温と北向きの部屋 | トップページ | 洒落たスイカ~中国のモノの値段と品質 »

中国生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1919649/56719748

この記事へのトラックバック一覧です: 広州花園酒店~おまけのパン屋さん(追記あり):

« 深センの6月の気温と北向きの部屋 | トップページ | 洒落たスイカ~中国のモノの値段と品質 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ