にほんブログ村

  • 「そうそう」、「へ~」と思ったら下のバナーをクリックしてね(*^v^*)



  • 人気の中国情報ブログはこちらから(^^♪

深センの天気

  • 夏は湿度&日差しでかなり暑いです…(-_-;)

びっくりチャイナ(上海)

  • 深センとちょっと違うところもありますが…(^_^;ゞ

« 洒落たスイカ~中国のモノの値段と品質 | トップページ | 実食!中国冷凍チャーハン(不思議なカレー味) »

2014年7月14日 (月)

一週間の献立~駐在員残酷物語

この週はめずらしく、ダンナさんの宴会や接待、
おつきあい夕飯がありませんでした。

(深センに来て9ヵ月で、初めてかも!?)


そこで日曜から金曜までの献立を一気に掲載!


献立に悩む奥様へのヒントに!
食材の使い回し術に!

…って参考になるのかな…?(^o^;)


★日曜日はちょっとお手軽に沖縄風

Photo

●ゴーヤちゃんぷる(豚肉・豆腐・玉子・鰹節)
△豆モヤシのナムル(ニンニク・白ゴマ)
△カボチャのカレー煮(作り置き)
▼チンゲンサイ・エノキ・ワカメのスープ
◎タコライス(トマト・レタス・チーズ・白米)


タコライスは、日本のカゴメのレトルトソースを
使いました。(^_^;ゞ


深センは南国なので(?)、瓜の種類が豊富にあります。

苦瓜もたくさんあるので、日本で買うのと同じような
大きさ&色のものを選び…たかったんだけど
見つからず。(>_<)

色は近いけど、ちょっと小さいもので作りました。('◇')ゞ



★月曜は暑いけどゴーヤフライにチャレンジ

Photo_2

●ゴーヤの肉詰めフライ(豚ひき肉・長ネギ・玉子・ショウガ)+トマト
△長芋とエビの煮物(シメジ・三つ葉)
△ピーマンの塩昆布和え(カニカマ・白ゴマ)
△納豆(長ネギ)
▼豆腐・ワカメの味噌汁(長ネギ)
◎白米

ゴーヤが小ぶりなので、お肉を詰めるのに
苦労しました。(^_^;)

フライの衣は玉子なしで簡単に。

三つ葉は中国にないので、日本産のフリーズ
ドライのものを使いました。

(間違えて香菜を買って入れないように。(笑))



★火曜は冷凍シシャモをアレンジ

Photo_3

■シシャモのゴマ焼き
△サツマイモの挽き肉煮(ショウガ)
△春菊の辛子和え
▼ナス・玉ネギ・シメジの味噌汁
◎白米


シシャモは辞書では「柳叶魚 (liu3ye4yu2)」だけど、
ラベルには「多春魚 (duo1chun1yu2)」とありました。

スーパーの冷凍ケースで見つけたときは、
「おおっ」と喜びつつ、(*'o'*)
違う魚だったらどうしよう、と悩み…。(~_~;)

買って帰って、ダンナに見せて
「シシャモだよね」と合意を得てから料理しました。(笑)

でも食べてみたら、塩味が足りなかった。(-_-;)

日本のものは、干物にするとき塩をするけど、
これはしてないのかも…。

次回は塩を多めに振ってから焼こうっと。(=_=)



★水曜日は豚ナスキムチ味噌炒め

Photo_4

●豚ナスキムチ味噌炒め(ピーマン)
△タケノコ・コンニャク土佐煮(鰹節)
△ニラの梅ゴマ和え
△長芋とろろ(青海苔)
▼油揚げ・モヤシ・シイタケの味噌汁(小ネギ)
◎白米


簡単でおいしい豚キムチ炒めと、
私の好きなナス味噌炒めが合体~。(*^v^*)

タケノコ(水煮)もコンニャクも保存が効くものなので、

これが出てきたときは、他に煮るものがなかったか、
(中国には煮物に向く野菜が少ない)

ストックの賞味期限が迫ったときです。(笑)



★木曜日はサワラをオーブントースターで

Photo_5

■サワラの塩麹漬け焼き(キュウリの浅漬け)
△空心菜とベーコンのアーリオオーリオ(赤唐辛子・ニンニク)
△サツマイモのバター醤油炒め
△春菊マスタード和え
▼油揚げ・ナス・玉ネギの味噌汁(小ネギ)
◎白米


前日にサワラは骨や内臓を処理して
香港でゲットした塩麹につけておいたので、

当日はオーブントースターでじっくり焼くだけ。
楽らく~。ヽ(・∀・)ノ

(焦げやすいからアルミホイルで調節)

空心菜は、定番のニンニク炒めが多いので、
たまにはオリーブオイルで洋風にと思ったのですが、

食べてみたら、いつもとほとんど変わらず…。(>_<)

野菜の風味が強くて、洋風になりませんでした。
中国野菜って、そういうものよね…。(~.~)-3

(最近の日本の野菜が「くせ」が少ないんだけど)



★金曜おつかれ豚バラチャーシュー

Photo_6

●豚バラチャーシュー(玉子・長ネギ・キュウリ・レタス・トマト)
△大根とツナの煮物
△ニラとモヤシのオイスター炒め(人参・エリンギ)
△オクラ納豆
▼ジャガイモ・玉ネギ・シイタケの味噌汁
◎雑穀米


実はこのチャーシューも昨日仕込んで置いたもの。

表面を焼いて余計な油をふき取って、
煮汁を入れたら蓋をして蒸し煮にして(約15分)、

粗熱が取れたら煮汁ごとポリ袋に入れて、
冷蔵庫で半日寝かす。(-_-)zzz

というやり方を知ってから、こればっかり。
短時間でできて、硬くならず、味が染みてて
ホントおいしいです~。ヾ(≧ε≦)ノ

(残った煮汁を煮詰めたタレをつけると、
 さらにおいしい!)


いろんな種類のキノコが出てきましたが、
買って使って残った分は、

切ってから冷凍しておけば、次回すぐ使えて
便利です!

(凍ったまま炒めたり、煮たり、酒少々を振りかけて
 電子レンジでチンして冷めたら和え物に混ぜたり)


★土曜は…気分転換に外食!


今週もお疲れ様でした~。(*^o^)/□☆□\(^-^*)


---------------------------
中国駐在員「あるある」ですが…。

駐在員は、なかなか自宅で夕飯が
食べれません。(-.-;)


仕事上の得意先への接待だけでなく、
日本からの出張者の夕飯のアテンドを
しなければならないためです。

(特に深センでは、英語が通じない&
 危険な場所もあるので放置できない)


社内の歓送迎会も多いようです。

日本人駐在員の赴任・帰任・異動に加え、
中国人スタッフの歓送迎会。
(日本と違い転職が当たり前なので)


周りの日本人と話をしても、中国在住
ブロガーさんの記事を読んでいても、
ほとんど同じよう。


一週間に1~3回は普通、多いときでは5~7回
(つまり、毎日!土日の休みなし!)
社用で夕飯(&昼食)をしています。(´д`lll)



「いいじゃん、どうせ会社持ちなんでしょ」
なんて思うかもしれませんが、

出張者のアテンドは基本自己負担。(-"-;)
(行きたくない2次会に連れて行かれたりも…)



でもそれよりも大事なのが、健康問題です!
( ̄□ ̄;)


中華料理は油や調味料がたっぷり!!(+_+)


そして中国(華南地域のみ?)の宴会では、
必ずと言っていいほど、

「白酒 (bai2jiu3)」という、アルコール度数の
すごい強いお酒を、何度も

「干杯 (gan1bei1)!」の掛け声とともに、
字のごとく「杯を飲み干す」つまり、

「一気飲み」をするのです。(・_・;)


中国の駐在員は、他の国の駐在員より、
体調をくずして帰国する率が高いそうです。(@_@;)

一つは内臓を壊して、もう一つは
ストレスで精神的に不安定になって…。


日々命を縮めて働く、駐在員残酷物語です…。(ToT)



というわけで(?)、自宅ではできるだけ和食を
作っております。


健康面もありますが、懐かしいとか慣れた味とか、
食事も嗜好の一面があるかと。

好きなものを食べると、リラックスしたり、
気分転換になったりするものですよね~。((w´ω`w))



「せっかく中国に来たのだから、現地の
中華料理を覚えたら?」と言われそうですが…。f(^_^;)


深センに来てすぐの頃、中華料理の本を買って
電子辞書を引きながら少し見たりしたのですが、

まだ実践するには至っていません…。┐(´д`)┌

« 洒落たスイカ~中国のモノの値段と品質 | トップページ | 実食!中国冷凍チャーハン(不思議なカレー味) »

中国生活~料理・食事」カテゴリの記事

コメント

初めまして。深セン情報からたどり着きました。
我が家ももうすぐ深センに引っ越しです。
食材の少ない中国なのに品数も多くてお料理上手ですね!同じ主婦として尊敬ですーheart01

>まこさん

初コメント&献立をお褒めいただき、
ありがとうございます~。o(^▽^)o

白酒はアルコール度数50%以上です。
(しかも日本人的には、あまりオイシクナイ)
それを宴会時に何度も一気飲みするので、
からだに良いわけがありませんよね…。(>_<)

中国の野菜にクセがあるというか、
日本の野菜が品種改良されて、アクも少なく
優しい味になったのだと思います。(~_~;)

和食は、素材の味を生かす料理法なので、
(イタリアンもかな?!)
こちらの野菜を日本と同じように調理しても、
おいしくないことが結構あります…。(-д-;)

こんにちはー。

とてもとても、栄養バランスもいいし、美味しそうですーlovely
うちの夫も週に2日はお付き合いなどで、外食です~。
強いお酒を一気飲みとは・・。 胃に悪そうですねー・・。
ご主人、家で食べる手料理が楽しみでしょうね♪
中国の料理も美味しいけど、やっぱ和食でしょっ!!

中国の野菜って風味が強いんですか?
日本で売ってる空芯菜って、癖のないサッパリした
イメージだけど、日本向け改良してあるのかな?


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1919649/56789696

この記事へのトラックバック一覧です: 一週間の献立~駐在員残酷物語:

« 洒落たスイカ~中国のモノの値段と品質 | トップページ | 実食!中国冷凍チャーハン(不思議なカレー味) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ