にほんブログ村

  • 「そうそう」、「へ~」と思ったら下のバナーをクリックしてね(*^v^*)



  • 人気の中国情報ブログはこちらから(^^♪

深センの天気

  • 夏は湿度&日差しでかなり暑いです…(-_-;)

びっくりチャイナ(上海)

  • 深センとちょっと違うところもありますが…(^_^;ゞ

« 紅三魚の煮つけ~深セン魚事情 | トップページ | 広州花園酒店~おまけのパン屋さん(追記あり) »

2014年6月30日 (月)

深センの6月の気温と北向きの部屋

5月から引き続き、深センは夏です。(^o^;)


最低気温は25~27℃くらい、
最高気温は30~33℃くらいで安定して(笑)
暑いです。(-_-;)

湿度は70~80%くらい?!
雨上がりは90%くらいありそう。(`◇´)ゞ


今年は雨が少ないようで、雨季と言われる6月でも
1日中雨が降っているようなことはなく、

2~3日に1度、1日数回突然雷雨になったり
にわか雨が降ったりしています。(+_+)


雨が降っても気温は全然下がらないので、
(最近は東京でもそうですが)
雨上がりはまるでサウナに入っている状態。(;´д`)

そこにジリジリと焼き付けるような日差しが
当たると、本当にクラクラします。(>_<)


昨日の天気予報なんて(晴れなので)
「最高気温33℃、体感気温45℃」でした。(@_@;)


先日、雨上がりの曇りの日の夕方に、
お店を探してちょっと街を歩いたのですが、

夕方でもまったく風が吹かないんですよね~。(-.-;)
(大陸性気候だから?!)


日が落ち始めても気温は下がらず、
ひたすら蒸し暑く、Tシャツはべたべた、
こまめに水を飲んでも喉は乾くし、身体はだるいし、
判断能力とかもなくなってくる。(笑)


目的のお店探しはあきらめて、
「もうクーラーの効いた知ってるお店に行こう」と
なりました。(; ̄_ ̄)=3


いつもの買い物は日が落ちかけてから、
だいたい地下鉄や地下道を使って、
できるだけ日の当たらないところを通って、
クーラーが効いているところに行っている私には、

ホットヨガの教室で筋トレをしているようなもの?!


うわぁ、ここで生活するのって体力いるなぁ。
どうりで皆、痩せてるよね。(一部例外もアリ)
外歩いているだけで、絶対カロリー使うもん。

と感心しつつも、今から体を鍛える気にもなれず…。
σ(^◇^;)


1年のほとんどが夏の深セン。
(月の平均最高気温が25℃を越えるのは5~10月
 ちなみに東京は7~9月)

これから住む人は、ぜひ基礎体力をつけてからが
良いかもしれません…。┐(´д`)┌

----------------------

深センに引っ越してきたばかりの頃、初めて
お会いする人と同じような会話を繰り返ししました。

「部屋は、どっち向き?」
「北東です」
「良かったね~」


風水とか家相とかの話ではありません。
部屋の窓の方角=日当たりの話です。


日本では部屋の方角は、南向き、東南角などが
良いとされていますよね。(*^v^*)

ぽかぽかと温かく明るいイメージでしょうか。

私も「布団を天日に干したい派」なので、
日本での部屋選びは日当たり重視でした!


反対に北向きの部屋は、暗くて湿気っぽくて。

気分も暗くなりそうだから、家賃は安いけど、
避けたいかなーと。(=_=)


ところが深センでは、その反対。

あまりにも夏の日差しが暑いので、
南向きや西向きは避けた方が良い、
ということなのです。(*_*;)


日本にいたときに深センで住む家が北向きと聞き、
「仕方ないよね…」と少し落胆していた私も、

深センに来て、周りの人皆にそういわれると、
「そっか~。うち北向きでラッキーなんだね」と
喜んでいたのですが。(←単純)


5月下旬のお昼ごろ。
北向きの窓の隣の机でパソコンをいじっていると、
「ん、なんだか、まぶしいし暑い…」

北向きの窓から日が差し込んでいるんです。Σ(;・∀・)


え、なんで?!北向きだよね。
しかも、まだ夕方でもないし。


世界地図を開いて確認してみました。

深センって、北回帰線より南にあるんだ…。
Σ(゜д゜;)


私も全然詳しくないですが、
中学生くらいで習ったような記憶が。(^_^;ゞ

北回帰線は夏至のときに太陽が真上に来るところ。
(夏至の正午に影がなくなるという現象が起こる)


つまり北回帰線と赤道の間にある地域は、
夏至の前後に、北側から太陽の日差しが当たる、
ということなんですね。(゜ロ゜)


オーストラリアなど南半球に行くならともかく、

中国にいて、北から太陽が当たるということを
考えもしなかったので、結構びっくりしました。
(*_*;)


太陽は東から昇って南を通って西に沈む、
北側は日が当たらない、と思い込んでいた、

バカボンの歌(笑)レベルの私は、
やっぱり全然ワールドワイドじゃないわぁ、
と再認識。(いろいろ勉強になりますっ!)


でも中国は南北に4000kmくらいあるので、

深センにいる中国人のうちどれくらいが
(深センは、他の地方からの出稼ぎ者が多い)
北回帰線を意識しているか聞いてみたいですね。
ヽ(^o^)丿

----------------------
ついでに、北回帰線の近く(南側)にある主な都市は、

中国広東省の省都の広州、
(深センから北西に100kmくらい)

台湾の南1/3ほどのところの嘉義市
(ここには「北回帰線記念碑」があるそう)

ハワイ諸島のカウアイ島
(北回帰線よりもうちょっと南だけど、オアフ島より北にある)

キューバの首都ハバナ


もちろんインドの中北部、サウジアラビア、
エジプトなど北アフリカ、メキシコもなども
通過しています。


と暑い国ばかり通っている聞くと、

深センが暑くて当たり前という気に
なってきますね…。( ̄▽ ̄;)

« 紅三魚の煮つけ~深セン魚事情 | トップページ | 広州花園酒店~おまけのパン屋さん(追記あり) »

中国生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1919649/56654783

この記事へのトラックバック一覧です: 深センの6月の気温と北向きの部屋:

« 紅三魚の煮つけ~深セン魚事情 | トップページ | 広州花園酒店~おまけのパン屋さん(追記あり) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ