にほんブログ村

  • 「そうそう」、「へ~」と思ったら下のバナーをクリックしてね(*^v^*)



  • 人気の中国情報ブログはこちらから(^^♪

深センの天気

  • 夏は湿度&日差しでかなり暑いです…(-_-;)

びっくりチャイナ(上海)

  • 深センとちょっと違うところもありますが…(^_^;ゞ

« 深センの2月の気温と中国ジョーク | トップページ | どっちつかずのカーテンに防災用アルミシート »

2014年3月 3日 (月)

中国イカ考~イカリングフライは存在するか?

中国にイカリングはないのかな…

うちの近くのスーパーでは、イカはパックに
入って売っていないので、

中国語会話の本で「これ、ください」を覚えて、
いざ出陣!(^o^;)

店頭でオジサンがイカを袋に入れて重さを
量って値段のシールを貼ってくれたので
一安心していたら、

「○▼※◇$」
うん?何か聞かれてる?何だろう…。(・・;)

あ、しまった!
と思った時には既に遅し。(゜ロ゜)


「ドント・カット」と英語で言っても当然通じず、
オジサンはイカのお腹をさっと開いて、
内臓を捨てて袋に戻して、私に差し出したのでした。


やられた…。(>_<)


そういえば前回はオジサンがジェスチャーで
「切る?」と(たぶん)聞いてくれたので、
首を横に振ったんだったわ。

イカの胴を輪切りにして「イカ大根煮」に
したかったのだけど、胴体部分をぺらっと
開かれちゃったら、食感も違うしねぇ。(T-T)

(有無を言わさず胴体を開かれたけど、
 中国でイカの輪切り料理はないのかしら?)

ということで、イカとセロリの炒めものに
変更しました。(~o~)

残っていた大根は豆腐と炒り煮に。


中国で生活(自炊)するには、会話の教科書や
テキストに載ってない、いろいろな
言葉がもっと必要ですね…。( ̄▽ ̄;)


ところですっごく細かいことですが、(^^;)ゞ

量り売りで値段は内臓込みなのに、
渡す時には内臓無しってどうなのよ?!

とツッコミ。(゜o゜)\(-_-) (笑)

まあ、こちらでイカのゴロは絶対食べられないから、
関係ないっちゃナイのですが…。f(^_^;)

------------------
この日の献立

■イカとセロリのバター醤油炒め(しめじ)
△豆腐と大根の炒め煮(小ネギ)
△白菜と人参の浅漬け
▼ナス・玉ネギ・シメジの味噌汁
◎白米


他のスーパーで、イカはパックに入って
売っているところもあるのですが、
イカの種類によるのか、

丸々一匹(内臓ごと)入っているものもあるし、
胴体(やっぱり開かれている…)だけのものと、
ゲソ(2~3匹分)だけのものがあります。

※訂正:開かれていない胴体も売ってました。<(_ _)>


こちらでの魚介類の値段は、日本のように
一匹(一尾・一切れ)いくら、ということはなく、

ほとんどがグラム当たりで値段を付けています。


それで気づいたのですが、
イカの胴体とゲソのグラム当たりの値段が
一緒なんですよねー。Σ(;・∀・)

日本だとイカの胴体は刺身にできるせいか、
胴体の方が高くて、ゲソの方が安いですよね。

(いや、刺身にしなくても屋台のイカ焼きは
 胴体の方が高いな。大きさにもよるけど。)


胴体の方がいろんな料理法もあるし、
食感とか繊細で高級感があるからかしら?!

(ゲソはなんだか、B級グルメっぽいかも。)


となると、中国では胴体と足とで料理法を
分けることがないのかなぁ?!(-_-;)


値段が一緒なのに、胴体と足が別々に
売られているところを見ると、

単純に「好みの問題」なのかもしれませんね。
(=´Д`=)ゞ

(私は結構ゲソが好き。(~Q~) (笑))

« 深センの2月の気温と中国ジョーク | トップページ | どっちつかずのカーテンに防災用アルミシート »

中国生活~料理・食事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1919649/55214836

この記事へのトラックバック一覧です: 中国イカ考~イカリングフライは存在するか?:

« 深センの2月の気温と中国ジョーク | トップページ | どっちつかずのカーテンに防災用アルミシート »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ